忍者ブログ
やっぱりチラシの裏
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさん、こんばんは。

雪なので引きこもる週末。
都知事選の投票率があぶない

ぺいぞうです。

激務で気力が萎えているので色々とやる気が出ません。
という訳でも無く、定期的に「映画見たくなる期間」かと思われます。

黒い賭博師
トンチキな映画としてハリマオ先生がオススメする一品。
そんな物が「小林旭50周年!マイトガイ・プライス2980円!」と言われたら買うだろう。
さて、ストーリーは簡単。
闇のギャンブル組織とギャンブル勝負!
遊戯王はパクリ(キリ
内容的には殆ど週刊少年ジャンプの読み切りあたりで載ってそうな感じ。
闇のギャンブル組織が無駄にインターナショナルな代物のため、多数の外人が出てくるのだが、全員棒読み。
勝負のルール説明も棒読み。
そこは字幕with英語でいいじゃないですか…。
かつてスプリガンmk-2(PCエンジン)でも超棒読み説明は聞きましたが

本当にあれは頭に残らんな

また、後半のシーンでも「観客の皆さん、それとなく察してください」と言わんばかりの屋上防衛戦。
古い映画(1965年)なので色々とちゃちな部分ばかりですが、この古臭さが無いと許されない感じは何故なんでしょうね?
江戸川乱歩の美女シリーズ「氷柱の美女」(1977年)で、アクリルの箱に入ったマネキンの親子も、そこは空気を読んで哀れにも裸にひん向かれて氷漬けにされた三ツ矢歌子として脳内変換がなされるように。

さすがに客に期待しすぎでは無いか。

しかしまぁ、冨士真奈美って美人だったんですね。

霊幻道士
ヨドバシカメラに行った折、突発的に「アジア映画祭り」がDVDコーナーの本当に隅っこでひっそりと開催されてまして、あれやこれやと物色して選んだのがこれ。

客、俺しかいませんでしたが。

本当に祭りなのか、ヨドバシカメラ…。
それはそれとして。
製作はサモ・ハン・キンポーで監督はリッキー・ラウ。キンポーの別の映画が元であったそうな。
一躍人気シリーズになったくらいだから、当然面白いだろう程度で内容勿論うろ覚え。
見直して思った事は、思った以上に盛りだくさんだって事だ。
ホラーでありながらもアクションありロマンスあり、さらにコメディでもあるというとんでもないボリューム。
これに匹敵するのは「ラストアクションヒーロー」を置いて他に無いのでは。
個人的にゾンビ物があまり好きではないのですが、これは気合いの入ったエンタテインメントですね。

さて、主役のチェン道士の話を聞かない登場人物により悪化する事態に、最終的には

焼く

という極めて原始的かつ効果的な手段によって解決されるわけなのですが

最初から焼けよ

と思うのがJAPAN人。
道士の意味なくね。
しかしそこには各国色とりどりの宗教模様がございますので、お察しください。
ストーリー的には富豪の墓を改葬する話で、埋まってた親父が凶悪キョンシーになってダメな弟子がキョンシーになりかけるアチャーな展開と、マシな方の弟子が美人幽霊にハニートラップを掛けられるという

主に弟子は使えないもの

という何かのテーマなんでしょうか。
そんな2つの話が展開しながら、まぁ、焼きます。はい。
しかしこれほどにジャンルごちゃまぜで、無理なく纏まっているのはすごい代物だと改めて感心した。

オブリビオン
トム・クルーズ主演。特に話題になっていない感じのお値段2080円。
個人的には面白そうだな、と思っていたんですが。

wikipediaより引用-------------
西暦2077年。60年前に起きた異星人スカヴからの侵略を食い止めたものの、荒廃してしまった地球。人類の大半は、土星の衛星であるタイタンへの移住を余儀なくされていた。そんな中、元海兵隊司令官ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)はヴィクトリア・オルセン(アンドレア・ライズボロー)と共に地球に残され、スカヴの残党を始末するため、高度1,000mの上空から地上を監視する役目を担っていた。 ある日、ジャックは地上パトロールの途中で墜落した宇宙船を発見。その残骸から謎の女性ジュリア・ルサコーヴァ(オルガ・キュリレンコ)を助け出す。目覚めた彼女は何故か会った事も無いジャックの名前を口にする。ジャックも断片的な記憶をたどるが、そんな中で彼は突然スカヴに捕えられ、連行された先でマルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)と名乗る謎の男と出会う。彼に「ある真実」を告げられ、ジャックは人類、地球、そして自身の運命を変える冒険に出ることになる。
引用ここまで-------------------

という訳でそんな話です。
ミステリー的な仕掛けがあるのでネタバレはしませんが、個人的には良かった。

現在の日本ではSFというジャンルは殆ど受けないわけで、いまいちパッとしないままのお買い得。
とは言え、SFは映像美が無いといかんと思う訳ですよ。
ジュリアもヴィクトリアもいまいちに思えたとしても、その世界観がまず綺麗じゃないと。
また、乗り物のデザインも未来っぽくないと。
そういう点では十分に楽しめるんじゃないでしょうか。
そんな楽しみ方はせん、というならアレですが。
ストーリー的には最後がちょっとそこ秘密っすか!って感じでしたが、映画のラストとしては問題無い。
PR
みなさんこんにちは。

スカリー、私疲れてるのよ!(半ギレ)

ぺいぞうです。

正月休みの最後に風邪引きました。
昨年末は土日も出ていたのと、実家にいると朝起こされるのでどうしてもゆっくり休むタイミングが無かったため、連休の最後を寝て過ごすはめに。
マシになった所で年始の仕事が予定通りにハードすぎて「いい加減にしろ」って気分になり、再度熱が上がって寝込む事になろうとは。
そもそも「何も決まってない状態」で引っ越しを敢行した時点でお察しなんですが。

ジョジョASB
話題沸騰!な感じに発売されたものの、永パ満載でネット対戦阿鼻叫喚。
さらに家庭用にも関わらずにスタミナ制を導入する課金仕様に怒り沸騰。
しかも調整が素敵すぎて

「ジョジョASBは、二度と良ゲーに戻れなかった。キャラゲーとクソゲーの中間の存在となり、永遠にワゴンを彷徨うのだ。そして良ゲーになろうとしても戻れないので、そのうちバンナムは調整するのをやめた。」

とまで言われた伝説の存在が1500円だったそうで、でもたまが購入したのでやってみた。
現在はさらに調整が加えられ、浮かせたら強制落下みたいなものは無く「割と良く出来たキャラゲー」になっていた。
案外強いジョニィ・ジョースター。
かつてデータイーストが水滸演武の呼延灼で挑戦しようとして諦めた「格ゲーで騎乗キャラ」である。
とは言え、馬に乗ってるジョニィが足萎えなために基本技は全て馬。
必殺爪飛ばしは本人から発射するがゲージ技を当てないとタスクのActが進まないため、必然的に

馬ゲー

にならざるを得ない。
現在の調整であれば十分に遊べるゲームに仕上がっているのでジョジョ好きにはオススメできるのだが、DLCキャラが多すぎるのは頂けないよなぁ。
あ、呼延灼って「呼延」が苗字だからな?
匈奴の由緒正しい生まれなんで、そこんとこよろしく。

ゴッドイーター2
マガツキュウビに2度ほど挑んで返り討ち。
装備を色々と見直しながら、強化のための金稼ぎとやる事は多いものの、素材が小型種のものだったりすると割と面倒。
時間を見つけてぼちぼちやっていたが、Gの協力によりマガツキュウビを撃破。
先には行けるが、どっちにしてもやる事は変わらない気がした。

鬼斬
サービス開始に際して「え?大丈夫?」という周囲の評価は聞いたものの、それ以降は聞いてなかったのでちょっと覗きに。

閑散

で、評判を見てみたら盛大なdisり祭りでこいつらアンドリューでも召喚するつもりなのか。
主にゲームの調整が稼ぎ潰しで、鯖は貧弱なまま、不具合は放置、追加は課金要素ばかりという…最早「遊ばせる」という概念が微塵も感じられない模様。
私が序盤をちょろっとやってみた感じでは

キーコンフィグ出来ない

とか

パッドがX-box360の物じゃないと動かない

といった辺りで色々とお察しなのかも知れない。
私の環境が特殊なのはわかるが、実際にパッドが使えるようになるまで30分くらい掛かった。
ゲーム内容はほぼC9と同じなのだが、正直C9の方が面白いと思う。
一応PS4版が出るようで、さらに「鬼斬パンデモニウム」というのも鋭意制作中みたいですが、あまり期待は出来そうに無い感じですね。
みなさんこんにちは。

ローマ字入力に慣れてきました(元々かな入力派)

ぺいぞうです。

わりと前にtwitterのブログパーツを復活させました。
twitterAPIが更新された時にコードが変わったと思うんですが、自分でもここは久しく見ていないので先日まで気付きませんでしたね。
今では自分のtwitterアカウントの設定からコードを自動生成してくれるので楽ですの。

今年は本当に色々とありまして、正直潰れるべき時に潰れなかった我が社は可及的速やかに滅びろって思います。
新社長は客先に挨拶にも来やしねぇし、ウダウダやってる間にこっちは引っ越しで土日も出てんだよ。
単純に「やる気無ぇならやめちまえよ」という所なんですが、元々存続派として前社長を追い出したのと、私の契約には絡んでなかったために、なんかびびってる様子です。
もうね。形式とか気にしてるような状態じゃないでしょ、と。
こういうのは最初が肝心なので、経営者自ら出てきて再出発への覚悟の程を示さんといかんだろ。
現場は今まで通りだとしても、経営と現場が離れていくばかりだろうに。
さらに客先の職場が軽く

呪われてる気がして

そんな職場が潰れようが業務委託でやってる私としては全く全然これっぽっちも気にしないんですが、とばっちりが来るのは嫌なので

とりあえず神頼みで

なんとかならねぇかな、と。
なんとかなるといいなぁ。

GOD EATER2
予約しているのを忘れ去り討鬼伝やっていたので放置気味でしたが、始めました。
楽しいです^q^
ただまぁ、PSVitaの問題なのですが、ソフトに説明書というものが無いのですね。
基本的にソフトの中に入っており、ゲーム中にも参照は出来るのですが、いちいちゲームを止めねばならぬのでいささか操作に不安が残るまま続行してしまいます。
そんな私は説明書は困るまで読まないタイプ。

さて今回は前作の主人公とは別の人。
配属先も極東支部ではなくフライアという研究機関の実験的な部隊である。
彼らはブラッドアーツという特殊な技能を持った集団であり、感応種という敵に唯一影響を受けずに戦えるため、戦術的な価値が高い。
まぁ、割と早い段階で極東支部に行くんですが。
メインのストーリーそのものは割と単調で、前作のストーリーは秀逸だったなと改めて思ってしまった。
あれは最前線たる極東支部の混乱をなんとかする話なので、収束してしまった後に出来る事となれば「持ち込む」しかないから仕方ないんですが。

ブラッドアーツは武器の行動を強化したり変化させたりするので純粋に戦闘そのものを変えてしまうため、面白い。
育成は困難ではあるが、プレイヤーを戦闘に向かわせるモチベーションにもなり、良い試みだと思う。
とはいえ、相変わらず一番面白いのはバレットエディットだったりする。
さらにブラッドバレットも加わり、ブラッドアーツ以上に有利になったりする。
その代わり、銃のレベルをしっかり上げておかないといけないのでローマは一日にしてならずって感じです。
ただブラスト以外は最初のバレットが固定なため、あまり意味が見いだせない気が…。

モンスターストライク
絶賛死に体公開中のmixi、渾身の復活劇!
か、どうかは不明ですが、株価はポスト・パズドラといった感じにうなぎ上り!
そこから見事に九龍城ドロップが決まって、最早企業的にはバイクマン程度でしたが。
そんな銭ゲバチキンレースは置いといて。

ゲームは自前のモンスターをすっ飛ばして敵モンスターにぶつけて倒すというシンプルな代物。
ぶつかって反射するのと貫通するのと2種類ある。
反射型は狭い所にねじ込む感じにぶつけたり、広範囲に散らばった敵を効率よく粉砕できる。
貫通型はボスの弱点を狙って、と完全にボス特化。
さらに味方モンスターと接触したときには特定の攻撃が発動するので、うまい事敵に当てられるように配置しましょう、とかなんとか。

それ以外はほぼパズドラのパクリで構成されており、不安の種をばらまいている作りですが、ゲーム自体はよくできていて良いと思います。
ただ、全体に漂うのっぴきならないダサさ。
なんとかならぬのか。
パズドラと違い、自前のモンスターを直接ゲーム画面にださねばならぬ構成と、どうしても丸型にしなければならんため、絵がちょっと荒い感じがします。
見た目的に「負けてる感」がある。
よくないですね。
今後、アップデートされていけば良くなって行くかもしれませんが、初期モンスターの数々はダサいままなので、新規がいつくがどうかがこの先の課題かもしれませんね。
あと、ステージクリア時に金やアイテムをわざわざタップさせて拾わせるのに何か意味があるのか、さっぱりわかりません。
ちなみに私は指でなぞってますが、時々忘れて収入0とかあります。

バランスは初期の金の無さがあまりにもひどい。
合成も用途不明なモンスターがいて説明不足(ステータスが上昇するのだが説明無し)だし、プレイヤーが見たいと思う情報が別メニューからじゃないと見られなかったりと、改善の余地が多数。
ゲーム自体は悪く無いので、がんばって欲しいですね。
みなさんこんにちは。

金剛うるさい

ぺいぞうです。

本当はねぇ。
ゴッドイーター2やろうと思ってたんすよ。
でもまあ、最近はなんか興味がもてなくてもっぱら何かしら書くのが楽しいです。
C++の本とか読みながらコード書いたり、こうやってブログ書いたり。
そんなわけで、最近は戦国IXAと艦こればっかりです。
信Onの帰参者キャンペーンに乗ろうと思っていたんですが、散髪に行ったりケーブルテレビのSTB設置待機したりして結局時間を取られてしまった。
やるとなると覚悟して時間を取らないといけないゲームだからなぁ。

そんなある日。
なぜかゴッドイーター2が家に届きました。
7月に予約していたらしい。
しかも発売日の前日に届いていたにも関わらず、発売から一週間放置していた。

討鬼伝
なんかでもたまのやる気が再燃したようなので。
まあ、マルチでやったら時間切れになったりして

やっぱ属性って大事だね

と言う事を再確認する苦渋のリハビリからの再開。
とりあえずダイマエンがむかつくのでハメを練習する所存です。

信Onの合戦。
日夜TL上で喧々囂々の論争というか陳情みたいな事が繰り返されております。
私個人の意見を言うなら

諦めろ

である。

そもそも敵の強化に次ぐ強化により既にレベルと装備(=経済力)が参入障壁となっているのが現実であり、そんな所に配布装備の人間をねじ込んだ所で何もいい事は無い。
これはプレイヤー間における格差がいよいよ広がった事を意味する。

このゲームにおける装備の弱さはイコールで経済的な弱さでもあるし、貧すれば鈍するを地でいくようにダンジョン攻略すらままならないのが現実である。
勿論レベルカンストで潜在も覚醒も終わった人間なら話は別だ。そんな奴らは大体金持ちだし全裸でも無印時代のボスくらいは殺すだろう(職にもよるだろうが)。

私個人は、もう合戦は合戦厨の物でいいのではないかと思う。
しかし、月額課金制度である以上は同額を支払うプレイヤーに対し遊べる内容に格差を付けるのは運営上ありえない。
問題の本質はこの、決定的な矛盾にある。

そうは言っても実際にそのような格差を助長し、階級社会を作り上げているのはプレイヤー達であり、そういった流れはシステム上では制御するのは極めて困難で、もしそのような流れを断ち切ろうとすれば最終的に底辺プレイヤーが徒党からスポイルされる形で負債を負わされる事となり、過疎化が進む。
成長する機会を全て奪われた世界で遊んでいられるのは成長の終わった者だけだ。

なので、合戦はあくまでも「出られるのが名誉」な地位を持つべきなのだと。
現状の誰でも合戦に出られる状況は、最早実態に即していないし、プレイヤーも求めてはいない。
参加者を増やそうとするのは構わないとしても、低レベルプレイヤーを無理矢理に合戦に引っ張り込もうとする行為は、例えれば居酒屋の客数をカウントするのに乳幼児まで数に含めるようなものだ。
必要なのは「ある一定のレベルに達している人」であって誰でもいいわけでは無いはずだ。
しかし実装された代物はどれも「低レベルでも出来る」事ばかりなのだ。

いっそ、国内で模擬戦でもやって、メンバーを選抜できるようにすればいいんじゃないか。
プレイ時間の兼ね合いもあるので一筋縄で解決するとも思えんが、システム的には「そういった用途にも利用できる」物を用意すれば、プレイヤー側にやる気があれば活用するだろうし、参加の機会も与えないような国ならいずれ人数不足に陥って勝手に滅びて行く。
そこまでうまく淘汰されるかは、過疎化した現状からは望めないかもしれないが。

ローマ帝国はカラカラ帝の時代にローマ市民権をばらまいたため、その価値が暴落し、その結果ローマ衰亡の遠因となった。
信Onの合戦も同じような状況にあるんだと思う。


みなさんこんにちは。

iMacで作業してると

キレイ(アンディ・ウォーホル風に)

と思います。

ぺいぞうです。

無駄にiMacなどを購入しました。
勿論、Boot CampによりWindows8.1でも稼働いたします。
ただまあ、なんと言いますか。

Windows8.1がクソすぎて

いい加減頭に来たという次第です。
仕事上でWindowsとは付き合い続けなければならんのは致し方ない事とは言え、自宅ではフリーダムにやらかしていく所存です。
私自身はもうすでにOnlineゲームから撤退気味なので、OSに関して言えばどっちでもいいや、って感じですし。
これを機に、しばらく離れていた開発なんかにもiMacから特攻してみようかと思いまして。
あー、Cとかもう何年触ってないんだろ。

それはそれとして。
Macのキーボードがなにげに使いやすいですSir
なお、かな入力の設定は消し飛んだ模様。

無双OROCHI2 Ultimate
オンラインでゲームをする元気と時間が無いので、暇潰しで出来る代物として購入してみました。
購入したのはVita版ですが、PS3からのデータの引き継ぎが可能。
とはいえ、手元に無印版が無いので引き継ぎ無しでスタート。
正直な所を申しますと、PS3版の方が爽快感が得られます。
これでもかってくらいに敵が消える消える…。

さて、おおまかなストーリーは変更無くとも、いくつかの追加ステージがある。
ストーリー補足のようなステージと、新キャラ登場用のステージ。
そして新キャラなのにも関わらず、ステージが追加されずにいつのまにかいる徐庶。
さすがの芋虫野郎ですが、ムービーすらカットされるのはちょっとかわいそうですね。

追加されたアンリミテッドモードでは、新装備が入手可能になる。
アイテムの自動回収(デフォでつけろよ)や各タイプ別の特殊装備。
また、属性も追加されて、今まで死んでいたシステムが息を吹き返した感じです。
このタイトルで何作も作っているので、いつ追加されたのかは知りませんが、無印に比べれば遥かにまとまっていると思います。

艦これ
E-3を突破してE-4ですが、ボスに到達して昼になる事ほぼ100%でござる。
火力の低さが伺えますね。
何度かボスゲージを削ってはいるんですが、ボスに到達するのが稀なため、進捗状況は悪い。
というか、翌朝全快してる。
捨て艦戦法に関しては早い段階から思いついていたものの、そこまでする程の熱意は私にはありません。
Twitterではみんなやる気満々だなー、と感心しております。


 HOME | 1  2  3  4  5  6  7 
Admin / Write
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記
雑賀のもんすけ(萌黄)
明博士研究所分室
でもたまへっぽこ日記
瞑想の日々
社若さんですか?
やんちゃ侍の日記リターンズ!
成田家の徒然なる日々
これなんですか?

--情報--

信長の野望オンライン寄合所(本陣)
るるる生産所

--公式等--

信長の野望Online OfficialSite

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(C)2003-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

twitter
最新CM
[01/06 peizo@管理人]
[01/04 雁人]
[11/07 peizo@管理人]
[11/07 tama]
[10/17 peizo@管理人]
最新TB
プロフィール
HN:
ぺいぞう
性別:
男性
自己紹介:
信長の野望Online
萌黄サーバー
・雑賀衆/みづほ隊
東海林秋山(陰陽道)
・徳川家/紳士組
プリンス王子(上級軍学)
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]