忍者ブログ
やっぱりチラシの裏
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんこんばんは。
 
最近twitterで
 
だろーなー
 
と思う事しきり。
 
ぺいぞうです。
 
信On
鳳凰の章には全く興味がそそられませんが復帰。
今回の復帰は3アカ。PS3アカウントに初の課金である。
さすがに資金的に厳しいのもあり、追加スロットの密教ちゃんはしばらくお別れに。
左様、このたびは作って放置していた忍者の育成をがんばろうじゃないの、って事である。
復帰してみて見ると、仕官1年というキリのいい数字。
 
老害、一年越しの旅立ちである。
 
中級クエストが特化・参のあたりで止まっていた。
たどたどしい3アカ同時操作でお手伝いの筆頭を多大に待機させつつ、才蔵を粉砕し、そのまま比叡山まで終了。
もっと手際がよければよかったんですが。
 
さて、あとは適当に人取橋でポイント狩りやってりゃ修得も終わるだろ、ちゅう事で軍学と殺陣と忍法という3アカでポイント狩りなど。さすがに一人増えた事で安全度が違いますね。
そんな感じで復帰後は小田原を半分くらいと人取橋3000を稼いで終了。
 
この半端さから熱意が伝わってきますね
 
中級クエスト、次の四神はさすがに面倒臭い。
そのある日、瓦に白虎が来たため3アカで突貫。
作戦
軍が釣る、忍の緑を堅忍不抜
忍が看破&術止め
殺陣が意気衝天→吉祥
あとは敵を一匹ずつ御剣で仕留めるのみ
本当にこれで大勝利するから困る。
青龍(通常瓦が東尋坊だった)、朱雀(案内役から貰ったアイテムの存在を思い出した)と同様の作戦で突き進むものの、玄武にて老人死亡デス。
これは作戦を変えなくてはいけない…と思いつつ作戦を全く変えずに再度戦いを挑む男。
作戦そのものは変えなくても術止めメインで動いただけで大勝利。
どんだけ適当だったんだよ、その前は、っつう話ですけどね。
それ以前に
 
軍学が最後まで腕力装備だった
 
のをまずなんとかすればよかったのではないか。
若雷はさすがに無理だろうな、とこの日は撤退。
 
後日。若雷に3アカで行ってみるか!と気が向いた。
行こうとしたら一門の人たちからお手伝いの申し出がいっぱい来たのでありがたく手伝って頂く事に。
勝てばよかろうなのだァァー。
とはいえ、やはり手際の悪さが際立った。
 
ポイント狩りで地道に修得を稼ぎつつ、十字手裏剣の型を買いに伊賀まで行ったり。
無論、目的は隠し潜在のため。
気がついたら2000個くらいは作っていた。
 
あらためて思うのは、生産潜在稼ぎの過酷さ。
基本や戦闘はポイント狩りや合戦検分でいくらでも稼げるにも関わらず、生産に関しては瓦くらい。
そう考えると、生産の敷居の高さが結果的に経済格差をもたらしているのだろうなぁ。
いや、復帰した時にアイテムと一所に金までバラ撒いていたのはもう格差そのものがどうしようもないレベルになっているからなんだろうけど、本来なら金そのものよりは金稼ぎのベースになるようなものを提供した方がいいと思うんですよ。
一級品ばかりを買う側にも問題はあるんだけど、それも結局は「敵が強くなりすぎた」というのがあると思うんですよね。
戦闘中のプレイヤーの「腕前」の出る部分が目立たないし、アタッカーの場合はどうあがいても装備の質に頼ることになるため、最終的には単なる経済の激突になってしまう。
このゲームの戦闘は8割くらいは「金」で決まる。
まぁ、金稼ぎのベースになるようなものを提供されたとしても、プレイヤーの側が金稼ぎにどこまで時間を割くか、という問題もまた発生するわけだから、あんまり意味が無いかも知れないけど。
それも合わせて考えれば、やはりこのゲームは「無駄に時間がかかりすぎる」んだろう。
 
と、いうような事を考えながら十字手裏剣を連打していたわけである。
きっと作ってる最中は死んだ魚のような目をしていたに違いない。
 
土曜日。朝起きたら夜だった。
というのは嘘で、単にシャッター閉めてたから暗くてよくわからんかったけど、もう夕方だった。
ファック
今週の目標は「ポイント狩り3箇所」だったので、準備してポイント狩りへ。
すると丁度、空前さんとカルーセルさんが関が原に行く所だったので便乗。
途中で速水さんとも合流してポイント完了。
晩飯食って戻ると中級クエストが終わってないのを見咎められ、そのまま鎧に行く事に。
構成をよく考えずに適当なリクエストでおたまさんの武士と筆頭の刀を要求。
門徒さんの暗殺に、家電の人の鉄砲鍛冶と、速水さんの薬師。
詠唱枠は塩。
戦闘では
 
老人が看破を入れ忘れた
 
以外に特に問題も無く終了。
なんで私はこう、破天Dに行くと何かしら忘れるのであろうか。
ちなみにプ芸の時は
 
二刀流を忘れた
 
あの肩身の狭さは無限大。
さて、獏まで倒して入野の翁と話さずに加賀に戻るという失態。続中級は受けずにそのまま魔鬼へ。
二人動くと敵が死んでいる。本当にボスかと思いたくなるのだが、二人分必要という点ではまだマシな方なのだろうなぁ。
 
その後は小田原へポイント狩りに。
老害はばっちり三箇所達成である。
勿論、3キャラで三箇所などとは一言も言ってないので達成である。
 
修得があとほんのちょっぴりで特化・四が皆伝する状態だったので評定の武技に。
ヤマドリに避けられまくってガス欠。
これはいかん、と一度離脱し再挑戦。
見事に皆伝。
その後は筆頭から貰った友好の書を使うため九州へ。竜造寺との友好が5000まで上がる。
特化の伍を頂いて戻って後に、欠片を指輪にすればよかったと気づく。
どうせまたいくから別にいいか…。
 
特化は秘伝忍法。
このご時勢、やはりメインは覚醒であるのでまずは技能覚醒で上げられる生命をチェック。
 
全部隠し
 
ウギャー助けてくれキン肉マーン
 
そんな今後。
鳳凰へのアップグレードは3アカやるか、それとも1アカで済ますか。
 
PR
みなさんこんばんは。
 
やべぇ、唯一の居所無くなった。
 
ぺいぞうです。
 
DEVIL SURVIVOR Over Clock
実はまだ6日目。
次なるベル・なんとかと戦うために必死こいて育成。
うっかり主力アクマを合体してしまい、再編成を余儀なくされたり、イベント戦闘でスキルをクラックするのを必死になってみたり。
しかしまぁ、悪魔合体してるとちらちらと上位のアクマが見えて「もうちょっとがんばれば」と考えてしまう。
まんまと罠にひっかかってますよねぇ。
そんなこんなでベル・トカゲ。
唯一回復術を持つせいか、ボスの3回行動(直接攻撃)が
 
鬼女ランダ(物理反射)へ
 
体力半減→主人公のデスバウンド5回ヒット→瞬殺。
( ゚д゚)ポカーン
無論、鬼女ランダには火炎無効をつけておいたのは言うまでも無い。
 
その後の選択肢。
ド直球のカオス、ロウの間にまさかの敵前逃亡ルート。
ああいう決断、私の中ではありえないんですが。
まぁ、カオスに直行するんですけどね。
ベルの王に、俺はなる。
と、勇んでフリーバトルに行ってみれば誰もリカーム(戦闘不能回復)を使えずにズタボロになる。
こんな脳筋で大丈夫か?
という状態でセイテンタイセイ来たァァァ!
 
信長
そんなデビサバOCをやりながらのだらだらポイント狩り。
人取橋は元より、関が原の敵は生命低いので殺陣と2アカ狩りすりゃ速そうだ。
小田原はそうでもなかったんだけどな。
ハッ!夢か!騙される所だったぜ…。
まぁ、なんだかんだで三箇所終了。
他には大体、生産特務でひっそりと生産潜在稼ぎ。
さすがに瓦だけではキツいよなぁ、ってんで、潜在稼ぎになる生産を探すも材料を追いかければ
 
全てはファンドへ…
 
どーしよーもねー。
 
一気に3アカにして武功むしりまくり計画。
ひっそりと合戦でN狩りして格式を稼ごうかとか考えてみたりも。
あとは陰陽道を召喚に変更とか。
まぁ、色々考えてみたりはしますが、やるかどうかは微妙な線。
みなさんこんばんは。
 
ベルダンディーとは日本の妖怪。
主に若い男にとりついて寄生する。
時代と共に容姿が変化し、声共々年齢をごまかす技に長ける。
 
ぺいぞうです。
 
デビサバOC
6日目。5日目にケイスケが死んだが、まぁ、自分の選んだ道なのでいいんじゃないですかね。
俺じゃないし。
そんな事よりベルの王位争奪戦に巻き込まれたようなので、より積極的に王位を狙いにいけるチーム作りに専念している感じです。
というわけで、次の敵は火がメインだそうなんで、がっつり火属性に強い連中で固めていたら
 
氷術で瞬殺される毎日
 
なんという罠。
いや、それ以前にちょっとレベル足りなくないかなーこいつら。
と思って手当たり次第に合体しておると、また微妙に自分のレベルが足りない状態になってもどかしい。
戦闘が面倒くさいんで正直結構つらい所もあるんですが、上記のような按配でわりとモチベーションは維持できている。
うまく作ったなぁ、これ。
 
信長
小田原で報告して王子がLv63になる。
20111017_001.jpg
無論、この後は寄生である。
まー、今後は生命伸ばしが優先か。とりあえずダンジョンで7000いかないのはしょっぱい。
ステも微妙なんで、まずは紋所かねぇ。
そんなわけでちまちま領国銀を稼いでいる次第。
武功歓迎。
 
密教ちゃんは、隙あらば放り込むって感じなんですがポイント狩りを一切していない状態なため育成は遅々として進んでいない。
人取橋くらいはやりゃあいいんですが、どうしても破壊力が足りないので2アカ復活までは放置になりそう。
同じく、紋所の強化のためにも領国銀を。
それ以前に属性装備を火で作り直す必要があるんだけど。
武技鍛錬のためだけでも勝てなくは無いが、あからさまに水属性の敵に水属性攻撃はダルいんで。
 
関が原の藤堂でミンチになる。
三回ほどミンチになった後、構成を変更。
鎧が陽動で釣り続けて、僧兵が鎧に極楽し続ける作戦で勝利。
この辺はもう、一門の総合力が試されるので、そろそろ他のキャラもちゃんと育成しないと役に立ちませんねぇ。
2アカで一緒に出してればいいんですがの。
 
そういった事情もあって、2アカの復活タイミングをはかる。
とはいえなあ。
プ芸と神通とか本気で役に立たないよなぁ。
みなさんこんばんは。
 
そろそろデビサバOCを再開しようと思うのです。
 
ぺいぞうです。
 
連休ヒャッホーイってなわけですが、休みの間ずっと家に引きこもっているのもどうかと思い、ふらりと新宿に。
鉄拳タッグ2が絶賛稼動中なのを見つけて見物。
家庭用に出るのはいつかしら?
あと、ビックカメラのワゴンをのぞいてきた。
帰宅後は風呂場の黒カビを片っ端から掃除してやった。フハハ
 
信長
ぴよさんの鎧鍛冶と筆頭の術しのびさんの小田原ポイントに寄生して、王子がLv63まで1億を切った。
なんだかんだで九州と瓦の報酬がデカいようだ。
しかしまとめてドカンと10億って言われるとツラいねぇ。
 
人が集まったので紳士組にて九州瓦で竜造寺・今山に。
構成は
 
刀、暗殺×2、仙論、古神、武士、密教ちゃん
 
盾二人が威鋼さんと筆頭なんで回復も大して忙しくはない按配。
もはや争覇ではないと戦国白書に記されるのではないか。
立花道雪で粉砕されかけながらもなんとか力でねじ伏せて突破。
そのまま鹿児島城を1~4まで突っ走る。
20111010_001.jpg
最後は奥義で〆
正直、一番ヤバかったのは道雪でした。本気で。
 
みなさんこんばんは。

燃え尽き症候群

ぺいぞうです。

戦国無双3 Empires
難易度・地獄を鍋島家で天下統一の偉業を果たす。
燃え尽きた。

信長
王子がとりあえずLv63まであと2億くらい。
来週がんばれば上がるなぁ。
今週は人3で転がったり関が原で転がったりしましたが

なんかもうどうしようもなくね?

って感じですが、何もしないわけにもいかんので生命が延びる方策を考える。

紋所手付かず

ナメてんのかこいつ。
とりあえず手持ちの銀を全て紋の生命に叩き込む。
これで+90。
次いで武功を使って紋の価値を上げる。4→10まで。
格式帳はまぁ、ぼちぼち集めていきますかねぇ。
あとは技能覚醒だけど、逆転の秘策(隠し)、討伐指揮(隠し)くらいか。
兵貴神速(隠し)とかボスでまず実装しねーだろうなー。
使用頻度的には知略縦横、不動の陣・弐、堅忍不抜あたりをなんとかしたいんですがの。
あ、伊勢の短冊はようやく使いきりました。

陰陽道の特化を召喚にして式符生産で一発当てようかと考えてたんですが、どう考えても量産型で儲かるのは阿修羅さん。
つまる所、付与石と武器が必須になるわけで、現状としては不可能ですよね、と諦めモード。
それ以前に、もう軍学と密教以外やる気でねぇんですけどね。

無双が燃え尽きたんで、そろそろ2アカ復活させるかねー。
とはいえ、ギアーズオブウォー3が出てしまったり、他にもやっていないゲームが大量にある。
見てない映画もあるし。
今年一杯はなくてもいいかねぇ。
 HOME | 1  2  3  4  5  6 
Admin / Write
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記
雑賀のもんすけ(萌黄)
明博士研究所分室
でもたまへっぽこ日記
瞑想の日々
社若さんですか?
やんちゃ侍の日記リターンズ!
成田家の徒然なる日々
これなんですか?

--情報--

信長の野望オンライン寄合所(本陣)
るるる生産所

--公式等--

信長の野望Online OfficialSite

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(C)2003-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

twitter
最新CM
[01/06 peizo@管理人]
[01/04 雁人]
[11/07 peizo@管理人]
[11/07 tama]
[10/17 peizo@管理人]
最新TB
プロフィール
HN:
ぺいぞう
性別:
男性
自己紹介:
信長の野望Online
萌黄サーバー
・雑賀衆/みづほ隊
東海林秋山(陰陽道)
・徳川家/紳士組
プリンス王子(上級軍学)
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]