忍者ブログ
やっぱりチラシの裏
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんこんばんは。
 
お盆で空いてる電車は気楽でいいですね。
仕事も無いし!
 
ぺいぞうです。
 
twitterでも垂れ流しましたがネットカフェで11時間ぶっ続けで「龍狼伝」を読んだ。
連載開始は1993年で連載20周年。それでも「鉄拳チンミ」(1983年~連載中)や「なんと孫六」(1981年~連載中)に比べれば新しい部類に入るという点がまたひどい雑誌ですね。
私は連載開始直後からしばらくは読んでいた記憶があるんですが、しばらく月刊少年マガジンを読まなくなってしまったので続きが知りたいなあ、とブックオフで立ち読みした所、わりと衝撃(あるいは笑撃)的な展開になっていたために興味にかられて読んだってわけです。
 
三国志好きな人にとってはありえないくらいの内容のようですが、少年漫画として見れば十分面白いと思います。
内容は「北斗の拳」のマッドマックス2的な部分が全て三国志的な物に変換されたのと「巨人の星」のような漫画における「実在の人物」が解説者、あるいは単位になる、というくらいである意味、極めて伝統的な構成をしているんじゃなかろうか。
長嶋6人分(パフォーマンス的な意味で)とか言われたらすごいじゃん?
すごいっていうかクドいだけですね。はい。
 
同時に三国志の世界にスッ飛ばされた幼馴染を司馬仲達から取り返すために謎の拳法を見につけて死闘に次ぐ死闘を繰り返すストーリーは愛を取り戻す感じで北斗の拳っぽいですが
 
実はポールのミラクル大作戦
 
かも知れない。
 
また、呉好きな人にとってはラスボスたる司馬仲達と通じてる周愈とかありえないかも知れませんが
 
人喰い虎とタイマンをする帝
 
に比べれば些細な話である。
いや、三国無双で凡愚凡愚言ってる司馬仲達に慣れているとまるで
 
花の慶次の沖縄編に出てきたカルロスか
 
と思うような司馬仲達ってどうなの?って事になるんですが。
さらに呂布の弟とか娘とか息子とか、徐庶の拾った孤児の娘とか色々なオリジナルキャラがいたりするあたりも、何かと眉をひそませる部分でございましょうが
 
そもそも演義だって正史と違うじぁん
 
それに封神演義だって原典から安能務版で相当な改変を加えられているわけだから、今更この程度で怒ってはいけないのですよ。
そんな奇抜を通り越してしまった龍狼伝ですが、すでに歴史IFワールドに突入しており、今後の展開にも目が話せませんが、相変わらず戦場で人が死にまくっているのだけは確認した。
 
小説「ミレニアム」
2の「火と戯れる女」と3の「眠れる女と狂卓の騎士」を読了。
ちなみに作者は死去しているため続編はありません。
さて、前作「ドラゴンタトゥーの女」でムカツく金持ちハンス=エリック・ヴェンネルストレムを地獄のズンドコまで叩き落し得意絶頂のミカエル・ブルムクヴィストの裏で密かにヴェンネルストレムの資産を全て詐取していたリスベット・サランデルは、他人の金で働かなくても食っていけるぜくらいの勢いで世界を旅しながらフェルマーの最終定理について考えていた。
ちなみに金が無くなったヴェンネルストレムさんのその後についてはお察しください。
一方その頃、雑誌「ミレニアム」の元に「女性の人身売買についての記事を掲載したい」とダグ・スヴェンソンがやってきてミカエルはこれを快諾。
ダグは調査を続けるが、その過程で突き当たる「ザラ」と呼ばれる謎の存在で全てが止まる。
その裏では自分の犯罪現場を録画されたリスベットの後見人である弁護士・ビュルマンは復讐(逆恨み)を実行に移すべく、ならず者にリスベットを誘拐するよう依頼する。
そんな時、ダグの元にふらりと現れたリスベットだが…。
 
とまぁ、そんな感じの導入部分。
第二部となる「火と戯れる女(上下)」と第三部である「眠れる女と狂卓の騎士(上下)」は時間的にも完全に続いており、読むなら両方読まないとスッキリしないのは確実。
前作との間には一年近い時間があったのであるが。
その上厳密にはミステリというジャンルには収まらない。
確かに殺人事件の捜査が中心ではあるものの、最早殺人犯を捕まえてメデタシメデタシな話では無くなっているのと、相変わらず色々な話が同時進行するため話が長い。
それでいてちゃんと面白い。
何より登場人物が魅力的であるし、敵もまた「こんなのどうすんだ」と思うような化け物。
しかしまぁ、出てくる男の悪い奴らは大体、女性を「淫売」呼ばわりするんですが、スウェーデンてそんなにひどい国なんですかね。
あと淫売でも無い限りお前らの相手なんかするわけねェ、という極めて論理的な思考も出来ないのでしょうか。不思議です。
前作を読んで面白いと思ったなら読んで損は無いでしょう。
重いけど(物理的に)。
PR
コメントを書く
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 HOME | 187  186  185  184  183  182  181  180  179  178  177 
Admin / Write
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
貧乏鍛冶と術しのびさんの気まぐれの記
雑賀のもんすけ(萌黄)
明博士研究所分室
でもたまへっぽこ日記
瞑想の日々
社若さんですか?
やんちゃ侍の日記リターンズ!
成田家の徒然なる日々
これなんですか?

--情報--

信長の野望オンライン寄合所(本陣)
るるる生産所

--公式等--

信長の野望Online OfficialSite

『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。
(C)2003-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.

twitter
最新CM
[01/06 peizo@管理人]
[01/04 雁人]
[11/07 peizo@管理人]
[11/07 tama]
[10/17 peizo@管理人]
最新TB
プロフィール
HN:
ぺいぞう
性別:
男性
自己紹介:
信長の野望Online
萌黄サーバー
・雑賀衆/みづほ隊
東海林秋山(陰陽道)
・徳川家/紳士組
プリンス王子(上級軍学)
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]